ヨガとホットヨガの違いや得られる効果

ホットヨガとは何だろう?

ヨガといえば健康や美容意識の高い女性に人気のストレッチ運動というイメージがありますよね。
最近では、男性や小さなお子さんまで一緒にやられていることも増えてきています。

 

そして、当サイトで紹介しているのはヨガよりも注目されてきているホットヨガです。

 

ホットヨガの概要

 

それでは、このホットヨガとは一体どういうものなのでしょうか?
ヨガとの違いを含めて紹介していきたいと思います。

 

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、室温を38度から40度程度に保ち、湿度を60%前後に調整したうえで行うヨガのことを言います。

 

ヨガはそもそも身体を温め、新陳代謝などを高める目的で行いますが、室温や湿度まで管理することによって、その効果をさらに促進させるのがホットヨガということです。

 

さらにヨガとは違い室温と湿度を高く設定することで、体を早い段階で温めることが出来るので、怪我の予防はもちろん、難易度の高い複雑なヨガを行うことも可能になります。

 

他の運動をされる前にも準備運動を行いますよね。
準備運動により体が温まることで、筋や腱を伸ばしてしまうなどの怪我の予防を行っています。

 

ホットヨガでは、元から温かい環境で行いますので、よりケガをしてしまうリスクなども小さいと言えるのです。

 

効果

ホットヨガにはヨガと同じように、

  • 肥満・ダイエット(身体の代謝を高める)
  • 美容(肌荒れ、老廃物の排泄)
  • 健康(便秘、足のむくみ、デトックス)
  • 柔軟性(肩こり、身体のゆがみ)
  • 落ち込み癖(ストレス、不安、心配)

などを改善する効果があると言われています。

 

特にヨガと異なる点は、身体を温めるという点で冷え性改善に大きな期待ができるということです。
また、不妊の原因とも言われている冷えを克服することで、待望の妊娠につながっているケースも多いのです。

 

注意点

ホットヨガはヨガよりも汗を多くかき、強いデトックス効果があることなどから、ダイエットや美容にも最適に感じられますがもちろん注意しなければいけないこともあります。

 

それは、室温を高め、より多くの汗をかくことを目的としていますので熱中症や脱水症状が起こりやすくなることです。

 

ホットヨガ中には積極的な水分摂取が行われますが気分が悪くなった際にはすぐに常温の部屋へ移動し、安静に過ごすようにしましょう。

 

また、出来るならばクーラーなどが効いている部屋での休憩は避けましょう。
体が気温の変化についていけずより症状が悪化してしまう場合が考えられます。

 

個人でホットヨガをやるのも良いですが、注意点もあることを考えると、お近くのホットヨガスタジオに通ってインストラクターの指導の元に行うのが良いと思います。


不妊にお悩みの方はこちらもチェックしてみてください