妊娠後もヨガは続けられます

マタニティヨガの口コミ

当サイトでは妊娠する為にホットヨガを取り入れてみましょう!
ということを提案しているサイトですが、もちろん妊娠した後の運動としてもヨガは効果的です。

 

これをマタニティヨガといいますよね。

 

どうせ妊婦になったらマタニティスイミングなどのように「マタニティ ホニャララ」をやらなくてはいけないので、妊娠前から取り入れてしまいましょう!

 

お腹が大きくなってから新しいことを始めるのは大変ですよ。
このページではマタニティヨガの体験談を2件紹介しています。

 

妊娠経過の不調を治すため

妊娠4ヶ月ころから、腰痛や恥骨痛、足のむくみが気になっていました。
そのため、医師の許可を得てから産婦人科が提携しているフィットネスのマタニティヨガに通っています。

 

ヨガというと難しいポーズをイメージしがちですが、マタニティヨガはゆったりとしたポーズが多く、自分のできる範囲で構わないというのも楽なんです。

 

ヨガをしている最中から腰や足の伸びを感じられ、リラックスすることができます。
全体的にゆったりと進んでいくので、かなりの癒しにもなりますよ!

 

また、妊娠中は疲れやすいということで、1時間のヨガですが2度の途中休憩と最後にも体を休める時間があります。

 

腰痛などの不調改善のほかにも、分娩に必要な筋力を鍛えたり呼吸法を学んだりすることができますし、ヨガを一度行うだけでも腰痛がかなり改善されました。

 

簡単なポーズは家でもできるので、たまに行っています。

 

長年の悩みから解放されて

私がヨガ教室に通いはじめたきっかけは、妊娠中に、産院が行っていたマタニティヨガのクラスに何度か出席し、それがあまりにも気持ちが良かったからです。

 

それまでヨガはやったことがありませんでした。

 

もともとリラックスした状態に自分を持っていくのが、非常に苦手で、いつも緊張した感じで、寝つきも悪いタイプだったので、そのクラスで気持ちよく、ヨガの最中にウトウトしている自分にきづいてびっくりしました。
寝つきの悪さが治せるかなとかんがえました。

 

出産後、赤ちゃんと一緒のヨガのクラスなどにも出てみたかったのですが、初めての育児でいっぱいいっぱいで、通うことが出来ませんでした。

 

でも、子供が幼稚園へ通うようになって、やっと、念願のヨガのクラスに通うことができるようになりました。

 

一番の効果は不眠の解消です。

 

昔から、 何か精神的なショック(ささいなものであっても)があると、眠れず、睡眠薬に頼っていましたが、寝る前のヨガで、今ではほとんど薬に頼ることがなくなりました。

 

ヨガで、副交感神経を優位にもってゆくやり方が会得できたのかな、と思っています。
精神的にも、落ち着いた状態が以前よりキープできるようになったと感じています。


不妊にお悩みの方はこちらもチェックしてみてください